« 橘丸(3代目) | トップページ | ジェットフォイル »

2017年6月18日 (日)

さるびあ丸【2代目】

さるびあ丸【2代目】

P1010372s

 

  
竣工    1992年(平成4年)12月2日
造船所   三菱重工業下関造船所   
就航航路  東京-大島-利島-新島-式根島-神津島
総トン数  4992G/T  
全長      120m
全幅    15.5m
満載喫水  5.4m
航海速力  20ノット  
就航    1992年(平成4年)12月25日

 

かめりあ丸が抜けて、最古参となるも内装、設備は未だ古さを感じさせない。
橘丸の就航で、今後は東京-大島-利島-新島-式根島-神津島航路をメインに就航。
新造船就航当時の航路に戻ってきた。
貨物輸送量も、コンテナを倉内に25個収納でき、その搭載量は東海汽船グループの
貨物船にも引けをとらない輸送力を発揮する。



P2079795s
新島沖を航行するさるびあ丸。下田発のフェリーあぜりあと
行合いになる。

 

 

Img_4711s
晴れた日のさるびあ丸は美しい。
水面に船体の白が眩しく映る。

 

 

80790_1s
大島を出港したさるびあ丸。
船の美しさを発見するアングルだ。

 

Img221
かめりあ丸営業航海最後の日、前日までの雨がうそのように晴れ渡る。
訓練中の橘丸がそっと後ろから忍び寄り、
かめりあ丸乗組員も知らなかったお見送りのサプライズ。
2隻並んでのランデブーは後にも先にもこの日だけとなった。

奥にはJF夢が通り過ぎる



Img222
「次なる活躍の場でのご安航を祈る」
マストにはUW旗が揚がり、かめりあ丸の勇退を惜しむかのように、
いつまでもいつまでも手を振り見送ってくれた。

 

 

« 橘丸(3代目) | トップページ | ジェットフォイル »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さるびあ丸【2代目】:

« 橘丸(3代目) | トップページ | ジェットフォイル »